*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
8/4ラジオ FMK・月刊行定勲
・オープニング
松本潤くんのファンから行定監督が早口で筆記するのが大変だというメールが
8/3は行定監督のお誕生日。
お祝いメール:去年のお誕生日は『ナラタージュ』の撮影中でしたね→行定監督「詳しいですね」

・PV話
誕生日は仕事したくないって言ったのに(8/3は)長野県の霧ヶ峰で撮影してた。
ホントは雨狙いだったのに天気悪くて霧が出てきた。
野田洋次郎くんが作詞作曲した"adieu(アデュー)"さんっていう女の子のPV撮ってた。でも"adieu(アデュー)"は覆面なんですよね。誰だか教えない。霧ヶ峰の風景の中に。誰ってわからないように。すごい大変。今年は"adieu(アデュー)"のPVの中で雨を降らしました。

・『ナラタージュ』は雨がすごくキーワード
雨は湿度の高い、霧も湿度高い。

・1年前の誕生日
松潤とかからブルーのケーキもらった。
富山でどっしゃぶりのシーン。
1番キーになってる、ここが1番正念場。
2人が重要な表情をする、ある種運命的なシーン。
印象的なシーン撮らなきゃいけないというピリピリした日なのに
ピリピリした中で「誕生日おめでとー!」ってやってくれる松本くんや架純ちゃんがいてちょっと救われる部分もあるんですよ。
『ナラタージュ』どしゃぶりのシーン、去年は撮ってたなあと思いながら。また今年も霧ヶ峰で草原の中、雨降らしをするという。

・試写話
試写を今やってて、いろんな方に観て頂いてる。
試写会が入りきれなくて。「申し訳ないです、すみません。もう満員なんで」って。
ものすごく長文で知り合いたちが感想を書いてくる。

・試写の感想
芥川賞作家・柴崎友香さん「とても動揺する映画だった。『人が人を好きになる。誰かを想うことはどうしてこんなにどうしようもないことんなんだろうか?』観てる間中思わずにはいられませんでした。3人(松本潤くん、有村架純ちゃん、坂口健太郎くん)のやり取りの表情がすごく生々しく、観終わった後、その切なさがどうしようもなく、今でも何度も思い出してます」

岩井俊二監督「『エロス』なんだけど『エロス』と言うよりは『タナトス』に近い世界。『愛』『恋愛』と言うよりは『死』に近い。世界の果てにいるような3人の物語」

佐藤信介監督「最近なんか映画そのもの良さとか、そういうものを実感できる映画に出会えてなかったなあと思ってたら、この映画を観てたら、観てて痛感した。これだよ、映画の良さって。みんなそういう瞬間に溢れていた、この映画は」
彼は有村架純ちゃんとも映画『アイアムアヒーロー』やってて、松本潤くんとも連ドラでやってるんですよ。2人とお仕事したことあるんで、
「2人がすごく随所に染み渡る部分がすごくあって、どうしようもなさと、セリフの言葉、音、ねっとりとした生々しい声、顔のズシンとしたフォーカス、ズシンとした力、表情のね、フォーカスアウトの中に想像を広げる深さみたいなもの、そういうとこが映画にすごく、映画ってこうだなあってみたいなことを感じてました」
僕はどっちかって言うと無自覚で、そういう風になってるんで、自覚させられる瞬間なんですよ。こうやって感想を頂くのは

・感情移入できなかった人もいた(賛否両論)
「どっちにも感情移入できなかったね」って乱暴な人もいる。でもね、それは人それぞれですから。恋愛の映画ですから。
「感情移入できなかったね」っていう人は多分すごっい奥さん大切にしてて、奥さん一人を毎日のように愛でてる人かもしれない。
(中略)
特に『ナラタージュ』は心に…ニュアンス。
架純ちゃんとか松本くんのこの表情の奥底にあるズシンとした表情の力っていうね、それが響いてる人と響かない人がいるんだなっていう。
でもね、響くと思うんだけどなあと思って作ってるから、こういう感想を友だちとか知り合いが直接送って下さることは、すごく客観視できる。ダメって人はメール送ってこないから。

・試写の感想②
ミルクマン斉藤さん「欲動の中にずっと燻るエロティックな作品。感服しました。松本潤、有村架純、坂口健太郎の3人にとって、今のところ映画の中では代表作になると言える作品ではないか」(辛口で有名。行定監督の作品に何にも言ってくれないこともある)

・感想&潤くんについて
今回あの3人が褒められるのが、ものすごく僕にとっては1番嬉しい。
特に松本潤、有村架純においてはね。
有村さんなんか、こういう表情するんだっていう…本人もきつかったと思うわけ。追い込まれて撮ってるわけだから。
だから、すごいなあと思うし。
松本くんも僕と最初にやろうって言った時から、非常に彼も『完全にわかりえる物語ではない』って言ったんですよ。
『自分にはあまり(琴線に)ふれるものではない』
『内容はわかりますよ、面白いとも思う、客観的には。でも自分がそれを演じられるかどうかは別』

そういうところ、ちゃんと男気があるので非常に作品のためになるかってことを彼は考えてるわけですよ。
いやいやでもこっちは切望しているわけですよ。「やろう、いっしょに。可能性あると思うんだよ」って、それはなんの根拠もないんですよ、俺がそう言おうと。
本人はできるかどうかわからない、自分が演じるわけだから。でもその結果がきっと今結実してると思いますよ。

・ポスター話
予告編は何回でも観て下さい。予告編、評判よくってね。またポスターですね。
顔の見えないポスター。「よくあんなポスターを」ってみんな言いますよ。「すごくいい」って、いろんな人から。
「あのポスターはいいねえ。顏の表情が、松本くんの横顔と有村さんの顏見えないもんね、だけどなんかこう欲動みたいなものが、確かに。そういうものがぶわっと。燃える炎がたぎってるのがわかるっていうか」
関連記事
プロフィール

てくてく

Author:てくてく
雑記帳

カウンタ
Twitter
原作本
●11/3(金・祝)公開
ラストレシピ
~麒麟の舌の記憶~

●2018年公開
ラプラスの魔女

●2018年公開
検察側の罪人
スポンサードリンク
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QR